「進みたいけど、進めない私」脳内会議



今朝はコーチングセッション

オンラインでクライアントさんと

椅子を使った脳内会議です。


エンプティチェアとか

空椅子の技法とか呼ばれるもので


椅子を自分と相手の関係に見立てたり、

自分の中の何人かの自分に見立てたりして

人間関係を見える化するためのもの。


難しくないよ、よく自分の中で起こるのは


「進みたいけど、進めない」

とか

「やめたいのに、やめられない」

なんかが代表的で



自分の中に相反する何人かが

出てくることあるよね



それを椅子で表現してみて、

実際にそれに座り、それぞれの

言い分を聞いてみます。



この3人は

・前進しようとしている私

・ささやく私

・おもり(重りのような私)



で、3人とも1人のクライアントさんの

中にいる人。


いくら反発しあっていても

よく話し合っていくと必ず、

全員がお互いを思いあっている

ことがわかります。これは必ず。



で、それを調整していくんです。

今回も素晴らしくって

感動しっぱなし。



お互いが思い合ってるのに

進めないってことは


コミュニケーションが上手く

行ってないだけなのですよね。


よく話し合えば、3人の想いは

重なり合って、協力して強力になって

進めるようになる、


私はそんな脳内会議のお手伝い

ファシリテーターをしている

感覚です。



(掲載了承済)



コーチングセッション・カウンセリングセッション

体験してみたい方はこちらから





  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright © 2020 &KOREKARA